2017年1月17日火曜日

社会福祉士突破!暗記不要の合格戦略

社会福祉士試験の
基本テキストをご覧になったことはありますでしょうか?

この基本テキストを見て、
気が遠くなったという人がいるのも無理はありません。

一つの科目で448ページ
社会福祉士は15科目なので、概算ですが約6000ページ以上

この量を独学で勉強し続けるには、膨大な時間と、強い忍耐力が必要です。

ですが仮に、基本テキストを丸暗記できたとして、
社会福祉士試験に必ず合格できるのでしょうか?

社会福祉士試験の方式は、5択の中から正誤を判断する形式のものです。

そして、
1問にかけられる時間は2分もありません。

理想を言えば1問1分ペースが望ましいのです。

このような試験の場合には、テキストを丸暗記するということが本来なら王道であるはずの勉強法で落ちてしまうということもあります。

特に、試験までの時間があまりなく無駄なことをする余裕がない受験生にとっては、勉強効率の良し、悪しが試験の結果を左右するといっても過言ではないでしょう。

短期間の勉強で、社会福祉士試験に合格するには、試験の出題方法や傾向に合わせて、戦略的に学習の仕方、覚え方を選ばなければなりません。

そこで、誰でも短期間の勉強で社会福祉士試験に合格できるように開発したのが
「社会福祉士突破!暗記不要の戦略」です。


>>> 社会福祉士突破!暗記不要の合格戦略




0 件のコメント:

コメントを投稿